会社沿革

平成23年~26年
(連携体活動期)  
  道興建設株式会社(旧、道興加茂株式会社)と大東工業株式会社の二社連携により、北海道パレットリサイクルシステム連携体を結成し「国土交通省 建設企業の連携によるフロンティア事業」の採択を受ける
 廃棄木材からの熱利用に注目し連携体の活動期間を延長し熱発電研究を行い、応用開発製品であるコードレス型発電ストーブの特許出願を機に連携体組織から法人移行する
平成26年2月
 法人形態に組織変更、資本金1万円にて創業
平成26年7月
 経済産業省 平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業の採択を受ける
 北大ビジネス・スプリングに札幌研究所開設
平成27年2月
 太陽光発電(オフグリット型システム)の特許出願。
平成28年6月
 資本金999万増資し、資本金1000万円となる
平成28年9月
 燃焼装置及び燃焼方法の特許出願